名古屋工業大学 地盤工学研究室 張・シャヒン研究室 
実験設備

張・シャヒン研究室で用いる実験設備を紹介します。

張教授の研究室
シャヒン准教授・中井特命教授の研究室

張教授の研究室

 

中容量高圧三軸圧縮装置 - 要諸元
実験実施 張教授の研究室
供試体 軟岩供試体
D=5cm、H=10cm
最大設定温度 80度(将来的に115度まで実施予定)
試験内容 異なる温度環境下での三軸圧縮・クリープ試験

 

動的三軸試験機(砂) - 主要諸元
実験実施 張教授の研究室
内容 内容
内容 内容
内容 内容


 

振動台実験装置 - 要諸元
実験実施 張教授の研究室
最大空圧 1.0MPa
最大振幅 5cm
最大質量 1.8t程度
最大加振加速度 1G

シャヒン准教授・中井特命教授の研究室

三軸せん断試験機(砂)による実験

 

三軸せん断試験機(砂)による実験 - 主要諸元
実験実施 シャヒン准教授・中井特命教授の研究室
載荷能力 軸荷重0~500kgf、側圧0~8kgf/cm2、背圧0~8kgf/cm2
供試体寸法 D=5cm、H=12cm
試験条件 任意の応力経路下の三軸圧縮および三軸伸張試験(排水、非排水)
試験方法 自動制御・自動計測、応力制御およびひずみ制御試験、単調および繰返し載荷、応力制御からひずみ制御への自動切り替え可能

三軸せん断試験機(粘土)による実験

 

三軸せん断試験機(粘土) - 主要諸元
実験実施 シャヒン准教授・中井特命教授の研究室
載荷能力 軸荷重0~500kgf、側圧0~8kgf/cm2、背圧0~8kgf/cm2
供試体寸法 D=5cm、H=2.5, 5.0, 10cm
および
D=3.5cm、H=8cm
試験条件 任意の応力経路下の三軸圧縮および三軸伸張試験(排水、非排水)
試験方法 自動制御・自動計測、応力制御およびひずみ制御試験、単調および繰返し載荷

中空ねじりせん断試験機(粘土・砂)

 

中空ねじりせん断試験機(粘土・砂) - 主要諸元
実験実施 シャヒン准教授・中井特命教授の研究室
載荷能力 軸荷重-100~200kgf/cm2、側圧(内圧=外圧)0~8kgf/cm2、トルク200kgf・cm、背圧0~8kgf/cm2
供試体寸法 ・粘土 D(out)=7cm、D(in)=3cm、H=10cm
砂  D(out)=10cm、D(in)=6cm、H=10cm
試験条件 任意の応力経路下の中空ねじり、三軸圧縮および三軸伸張試験(排水、非排水)
試験方法 自動制御・自動計測、応力制御およびひずみ制御試験、単調および繰返し載荷

三主応力制御試験機(粘土・砂)

 

三主応力制御試験機(粘土・砂) - 主要諸元
実験実施 シャヒン准教授・中井特命教授の研究室
載荷能力 軸荷重0~1000kgf、側圧0~8kgf/cm2、セル内部シリンダー荷重-500~500kgf、背圧0~8kgf/cm2
供試体寸法 直方体(10cm×10cm×7cm)
試験条件 任意の応力経路下の三主応力制御試験(排水、非排水;3主応力の大きさは自由に設定可能)、平面ひずみ試験(排水、非排水)
試験方法 自動制御・自動計測、応力制御およびひずみ制御試験、単調および繰返し載荷

不飽和三軸せん断試験機(粘土・砂)

 

不飽和三軸せん断試験機(粘土・砂) - 主要諸元
実験実施 シャヒン准教授・中井特命教授の研究室
載荷能力 軸荷重0~500kgf、側圧0~8kgf/cm2、背圧0~8kgf/cm2、間隙空気圧0~8kgf/cm2
供試体寸法 D=5cm、H=12cm
試験条件 任意の応力経路下の三軸圧縮および三軸伸張試験(排水/非排水,、排気/非排気)、任意のサクション制御、二重セル方式による体積変化の計測
試験方法 自動制御・自動計測、応力制御およびひずみ制御試験、単調および繰返し載荷

二次元山留め掘削モデル試験機

 

二次元山留め掘削モデル試験機 - 主要諸元
実験実施 シャヒン准教授・中井特命教授の研究室
地盤材料 アルミ棒積層体
試験概要 ・壁体の変形モードおよび変形プロセスを変えた主働および受働土圧実験
・壁体および切ばりを変えた山留め掘削実験

二次元支持力モデル試験機による実験

 

二次元支持力モデル試験機 - 主要諸元
実験実施 シャヒン准教授・中井特命教授の研究室
地盤材料 アルミ棒積層体
試験概要 ・浅い基礎の中心載荷、傾斜載荷、偏心載荷、複合載荷支持力試験
・補強型深礎基礎の引張りおよび押込み支持力試験内容

二次元・三次元トンネル掘削モデル試験機


 

二次元・三次元トンネル掘削モデル試験機 - 主要諸元
実験実施 シャヒン准教授・中井特命教授の研究室
地盤材料 ・2次元 アルミ棒積層体
・3次元 アルミナボール、砂、カオリンパウダー
試験概要 連続降下床による2次元および3次元降下床実験、円形トンネルの収縮による2次元トンネル掘削実験 施工過程を変えた3次元トンネル掘削実験

三次元支持力モデル試験機による実験


 

三次元支持力モデル試験機 - 主要諸元
実験実施 シャヒン准教授・中井特命教授の研究室
地盤材料 アルミナボール、砂、カオリンパウダー
試験概要 ・杭基礎・パイルドラフト基礎の中心載荷、傾斜載荷、偏心載荷試験
・補強型深礎基礎の引張りおよび押込み支持力試験